太陽光発電システムの設置工事

施工販売会社と契約してから実際に太陽光発電システムが運転開始されるまでには1か月から2か月ほどの期間が必要になります。
太陽光発電システムの設置工事自体は2日から3日程度で終わりますのでさほどかからないわけなのですが、補助金の申請が受理されたことを確認しないことには工事ができないということになります。
また工事が終わって電力会社と売電契約の手続きが完了するまで時間がかかります。
どういう作業工程で設置工事を行うのかというのは施工販売業者と事前に打ち合わせをすることになります。
太陽光発電システムの設置工事ということになりますと、屋根にソーラーパネルの設置を行う作業と屋内の配線工事を行う作業の大きく分けて2種類になります。
2種類とも同時並行で作業を行うこともできます。
ソーラーパネルを設置する屋根の形状が複雑であったり、傾斜が急であれば足場を組んでから作業を行うということになります。
ソーラーパネルを設置するときに天候が雨の時は感電防止のために工事を行わないというのが一般的になります。
そのため雨天順延する可能性があるということも考慮に入れておいたほうがいいでしょう。
2日程度は予備日として設定しておくといいでしょう。
ソーラーパネルを設置する作業に関しては家族の立会いが必要ではありませんが、屋内の配線工事を行う時には家族の立会いが必要になる点にも気を付けておいたほうがいいでしょう。
家族のうちだれかが立ち会えないと配線工事ができないということになります。
共働きの家庭であれば業者と日程の調整を行う必要があります。
2種類の工事が完了したということであれば、実際にシステムとして太陽光発電システムが機能するのかどうかを確認する必要があります。
無事に機能しているということであれば設置工事は完了ということになります。
設置工事が完了したらメーカー発行の保証書を受け取ります。
本格的に稼働した時に何かあった時には業者にその都度連絡します。