ソーラーローンとは何か

太陽光発電システムの設置費用は数年前に比べるとだんだん下がってきているわけですが、まだまだ数百万円かかるというように高額なものになります。
数百万円ものお金をすぐに出せるのであればいいのですが、どうやって数百万円のお金を用意するのかということに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。
15年近くたつと売電収入と節電効果によって導入コストの元が取れるとはいっても、導入するときにある程度のまとまったお金が必要になるということは間違いありません。
導入コストがかかるという問題から導入をあきらめるような家庭も多くいます。
そういう家庭にお勧めするのが銀行や信用金庫、信販・クレジット会社、メーカーなどが出しているソーラーローンと呼ばれるローン商品です。
太陽光発電システムの設置費用として利用できるものになります。
専用のソーラーローンを利用することによって金利を安く抑えることができます。
太陽光発電システムに利用できるローンとしてソーラーローンという名称を使用している金融機関がありますし、リフォームローンの中に太陽光発電やオール電化などに利用できるようなローン商品もあります。
ローンの名称は各々の金融機関によって異なってきますが、設置費用として利用できるのかどうかは相談してみる必要があります。
ソーラーローンを比較する場合には金利がどのくらいなのかとか、最長融資期間がどのくらいなのかとか、申し込むための条件がどうなのかなどを確認する必要があります。
金利でいうと変動金利で1.90%というところから固定金利で3.60%のところまでまちまちということになります。
カードローンでお金を借りるよりははるかに安い金利でローンが組めるということになります。
太陽光発電システムのメリットを早めに享受したいということであれば、ソーラーローンを検討してみてはいかがでしょうか。
資金面がネックになっているということであれば、こういうローン商品について調べてみる価値はあるのではないでしょうか。